ナイトブラで日中もバストリメイク

私は出産後からなんとなく胸に張りがなくなったとは感じていました。
妊娠してからはノンワイヤーや授乳用ブラジャーなど、締め付けの少ないブラを使用していたため気づかなかったのですが、
以前使っていた普通のブラを着用したところ、アンダー部分は変わらないのにバストとブラカップの間には隙間ができていたのです。

自分でも気づかないうちに大きくボリュームダウンした胸を目の当たりにして、予想以上の変化に危機感を覚えました。
そこで色々なバストアップの方法を調べた結果、まだ授乳期間中だったこともあり影響のありそうなマッサージクリームやサプリメントは断念。
マッサージの時間さえも惜しかったので、就寝中にバストアップ&リメイクができるナイトブラの購入を決意しました。

お試し感覚での購入のため、できるだけリーズナブルで洗い替え用にセットを選びました。
ナイトブラは普通のブラよりもホールド力があり、多少の動きではズレにくいので安心感があります。
そのため最初は就寝時のみの着用目的でしたが、ジョギングなどの運動時や日中も積極的に着用してバストアップを頑張っています。

夜の日常生活をひとつ、変えてみました

元々小さかったバストが授乳で大きくなり、授乳が終わりしぼんでしまいそれに加えて両サイドが外側に垂れてしまいました。
胸を見るたび悲しい気持ちになりどうすればいいかとネットでたくさん調べました。

いつも寝るときは昼間のブラジャーと同じものをつけて寝ていたのですが、
ネットで話題のナイトブラをしてみようと思い、洗い替え用もセットで二枚購入してみました。

届いてみたナイトブラはホックが付いておらず、足から履いて着るスポーツブラのようなものでした。
色は様々な色があり、わたしは無難にブラックを購入しました。
締め付けられた感じもなく、いつも昼間のブラジャーで寝ていた時とくらべてむしろゆったりとした着け心地で体がとてもリラックスできました。

それだけでわたしはナイトブラの魅力を感じたのですが、本当の魅力を感じたのは一週間着け続けた後です。
ふと、胸をみると気になって気になって仕方なかった垂れて離れた胸が綺麗なお椀のような形になっていたのです。
これには本当にビックリしました。

バストのサイズを測ってはいたのですが、一週間でサイズアップはしなかったのですが日に日にとても綺麗なお椀型になったのです。
締め付け感は全くないのですがナイトブラを着る際に脇や背中のお肉を胸に集めていくとしっかりとホールドされて谷間もでき、これから続けていくのが楽しみです。

ちゃんと食べる!そのあとダイエット&マッサージ!

高校生のころ、運動部に所属していたので、よく食べ毎日鍛えていました。
その頃の体系は、がっしり。同級生のかわいい女の子は、無茶なダイエットをして華奢でガリガリでした。
それをうらやましく思いつつも、がっしり体型と健康な食生活は変わらず、いつしか大学生になりました。

大学生になった私は部活も入らず、栄養学科だったため勉強にと人体実験をするような気持ちでダイエットを始めました。
栄養学科なので、食事と運動のバランスを考えながら健康的に痩せ、しだいに女らしい体になりました。
食生活がよかったから、バストもキープできたのだと自分では思っています。

また、テレビでグラビアタレントがバストマッサージが良いと言っていたのを聞いて、一人でマッサージをしていました。
部活をやっていたころは、胸筋があってマッサージしにくかったけど、部活をやめて筋肉が落ちたぐらいがマッサージしやすかったです。

また、大学生のころに彼氏ができてから、よりバストが大きくなりました。
女性ホルモンの影響と、彼氏とのイチャイチャが、どんどんバストアップにつながったと思います。

自分に自信を持てるようにはなりましたが…

現在26歳の女性です。中学生の頃は、そんなに胸はなく周りもそこまで大きい子はいなかったのであまり気にはなっていませんでした。
時が経って、高校に入学し、新しい友達もでき充実した学校生活を送っていましたが、
仲の良かった友達が、胸が大きくて、羨ましいな…。なんて思ったこともありました。

学生だったので、お金が無くてナイトブラもサプリとかも買える状況ではありませんでした。
高校を卒業してからは、大学に入り、ここでも新たな友達ができるようになりました。

20歳を過ぎた頃からでしょうか…、一応サプリや胸のマッサージをしたら、徐々に胸が大きくなっていき、
友達を羨ましく思っていた自分が今度は、羨ましいと言ってもらえるようになりました。

今までは、夜はナイトブラをして寝るようにはしていますが、昔ほど気にすることはなくなりました。
しかし、胸が大きい人ならではの悩みも出ては来るので、そんなに大きくなくてもいいかな。と最近は思うようになってきてしまいました。
でも、これはこれで私なので、周りは素直に接して欲しいなと思います。