デートに最適!レブロンウルトラHDマットリップカラー

お洒落な友達とのランチや大事な彼とのデートで、うっかり口紅が落ちてしまった!ということが今まで何度もありました。
この現象を対処すべく、何種類の口紅を重ね塗りしたり、ティッシュオフを繰り返したり、
リップコートを塗ったりと口紅の色を持続させるために色々な方法を試してみましたが結果は惨敗。

結局色は落ちてしまうどころか、唇が荒れてしまうこともありました。
あるお気に入りのインスタグラマーの方がこれいい!とオススメしていたリップ。
それが「レブロン ウルトラ HD マット リップカラー」でした。

マットリップカラーは何故かいつも敬遠していました。
何故かというとマットリップは”カサつく”、”唇の縦じわが目立つ”という先入観があったからです。
たまたまバラエティショップに寄った際にお気に入りの色が見つかり購入することになりました。

これが大正解!リップクリームを塗らず素の唇に塗ったのに、カサつかなかったのです。
しかも塗ってから時間が経っても落ちている感が全くありません。
飲食をすると多少色が薄くなった感じはしますが、血色感は残っておりました。
色の調節もできるのもこの商品の素晴らしいところ。

少量を唇に乗せ指でぼかせばナチュラルに。チップを唇全体に伸ばせば、くっきり色気のある口元になります。
こちらを薄くつけた後にお気に入りのリップを重ね塗りすると好みの色が持続がしてくれそうです。
普段使いからイベントメイクまで様々な場面で使える豊富なカラーバリエーション。毎日に大活躍してくれそうな商品です!

化粧水は二種類つけるのがおすすめ!

私は化粧水を二種類つけています!おすすめの化粧水はハトムギ化粧水で、さっぱりした付け心地で、
ニキビが出来にくくなったり、お肌のコンディションを整えてくれる化粧水をまず最初につけています。
次にとろみのある化粧水をつけています。美容液は高いからなかなか買えないな、
という人も少し美容成分が入っているとろみ化粧水なら買えるので、ハトムギ化粧水のあとは、とろみ化粧水をつけています。

二種類の化粧水がしっかりと浸透してから、夏は乳液、冬はクリームをつけてお手入れ完了です。
この化粧水二種類をつけるようにしてからは、お肌の乾燥しないので、お肌は一年中しっとりしています。
ニキビもできなくなったし、お肌のハリが全然違います。

今、子供が小さく、子育てでお金がかかるので、安い化粧水でも使い方次第で、高価な化粧水に引けを取らない効果があるので、
乾燥に悩んでいる人やニキビや肌荒れが気になる人にはぜひ、試してもらいたい美容方法です。

私のクレンジングのみのスキンケア方法

私の洗顔方法はクレンジングのみです。クレンジングは濡れた手OKのタイプです。
クレンジングのみなので突っ張り感はありません。化粧ですが毎日してません。
なので肌にストレスがないのだと思います。化粧はしてないけどクレンジングで洗います。

細かい汚れまでとれるような気がします。そして、沢山の温水で洗い流します。その後はいつもの化粧水をつけます。乳液は試供品です。
試供品はたっぷり入っているので贅沢に使えます。乳液のないときは美容液の時もあります。そう、何でもいいんです。
私の肌は丈夫なんでしょうか?こんなスキンケア方法でもみんなからは肌綺麗だねと言われます。

言う忘れましたがわたしは42歳です。そして化粧はやはりずっとしていません。
やはり化粧が肌トラブルの原因になるのでしょうか?二十歳の頃はニキビ肌でした。
その時にすすめられたケアが水を肌にタッピングを20回するという方法です。
そのお陰かニキビは治りました。そして今はクレンジングのみでの洗顔にたどり着きました。

私のお肌はこのおかげ!お世話になりまくってます!

朝の洗顔、風呂での洗顔と、なかなか敏感肌の私にとっては、お湯だけの洗顔でも、肌がカサついてしまいます。
そんな中で、私が見つけた私が一番いいと思った最適な方法を紹介します!

まずは朝の洗顔、そこでは石鹸は使わずにお湯で肌の汚れを落とした後、保冷剤を使って肌を引き締めます。
そのあとは化粧水や乳液は使わず、それで終了です。
その後にメイクなどをするため、夜に風呂の中での洗顔は石鹸を使います。
よーく泡だて、泡がきめ細かくなったところで、手は肌につけずに泡で顔を洗うイメージです。

そして風呂から上がったら拭くよりも何よりも先に、化粧水をつけます。
化粧水はボタニストを愛用しております。多めにつけたあと、乳液をつけます。
乳液は大豆イソフラボン乳液の濃密タイプを使っています。

乳液は顔をこする原因にもなると読んだことがあるので、コットンでパッティングするような感じです。
それで私の敏感肌、乾燥肌もだいぶ良くなりました。今ではこの化粧水と乳液が一番私に合ってると思います。